支援事業

災害時の援護活動に対する支援事業

災害時の援護活動に必要な機材・設備等を活動団体に貸与し、その活動を支援する体制の整備

写真左  被災地援護活動団体に貸与したテント
写真右  貸与機材を使用し、床下のへどろをかきだすボランティア 

20120714-00636.jpg20120427-00379.jpg

調査研究事業

「森林浴による健康増進等に関する調査研究事業」a2_9971.jpgのサムネイル画像

 森林のもつ「癒し」効果を科学的に解明し、その活用方法に関する研究が進められております。これまでの研究の結果多くの生理データが蓄積され、最近では免疫機能改善効果に関する学術的レベルの高いデータも集まっております。一方、現在蓄積されている600名を超えるデータは20代の健康的な男性を中心としたもので、社会への還元を念頭においた場合、最も必要な半健康人、未病状態にある人々に関するデータは少なく、今後そのデータを蓄積していくことが求められている状況です。

 本事業ではこれまで平成25年度から27年度までを第1期として「五感を介するフィールド実験」を実施し、中高年男女の未病者(境界域高血圧等)を対象に、森林部・都市部、それぞれにおいて、心拍変動性(交感神経活動・副交感神経活動)、心拍数、血圧、血液指標を測定し、その変動によって森林セラピーの効果を明らかにしました。

 平成28年度からは第2期として「室内実験での視覚・嗅覚・聴覚がもたらす森林浴効果の解明」に関する実験を実施しています。具体的には人工気候室内において視覚、嗅覚、聴覚に特化した実験[脳活動:脳前頭前野活動の近赤外時間分光計測(TRS)による絶対値評価と心拍変動性計測:心拍の揺らぎ(交感神経活動・副交感神経活動)等の計測、主観評価:世界共通の質問紙法である気分プロフィール検査(POMS)等]を実施し、それぞれの効果を生理科学的に解明する予定です。
shinrin2016.jpg

 最終的には、第一期、第二期の実験結果から生理的リラックス効果に関する比較・考察を行うことで、科学実験に基づいた森林セラピーの効果を検証することを目的としています。
  



 (千葉大学:池井晴美、宋チョロン、宮崎良文)

支援事業