社会福祉施設等の整備に対する助成

1, 助成対象事業

 社会福祉施設等の補修改善事業

  完成後15年以上経過した保育所等、障害者支援施設及び更生保護施設で、老朽化により利用上支障を
 きたし、その原状回復が必要と認められる事業。
  ただし、本財団の助成を受けて補修事業を実施した場合は、完了してから5年間は対象から除く。

2.助成対象主体

 (1) 保育所等及び障害者支援施設については、社会福祉法人とする。
 (2) 更生保護施設を運営する法人とする。

3. 助成率および助成限度額
 (1)保育所等については、原則として助成対象経費の2/3以内とし、助成上限額は4,000千円以内と
   する。
 (2)障害者支援施設については、原則として助成対象経費の3/4以内とし、助成上限額は7,500千円
   以内とする。ただし、助成事業対象箇所は、障害者支援施設内の便所及び浴室とする。
 (3)更生保護施設については、原則として助成対象経費の2/3以内とし、助成上限額は10,000千円
   以内とする。

4.助成の対象とする経費
 助成の対象とする経費は、法人の運営に必要な人件費等の経常経費を除く、当該事業に直接必要と
 認められる経費とする。